笑顔屋本舗はじまりものがたり

  笑顔屋本舗

 



●徳ちゃんより ごあいさつ

徳ちゃんの顔写真私は、この「オンリーワン笑顔シリーズ」で毎日何枚も「笑顔」という文字を書きます。
おかげさまで本当にいつも笑顔になり、また私のまわりも笑顔でステキな人ばっかり集まってきます。
そんな私の今、最高の喜びは、お客さまから感想のメッセージを頂くことです。
(徳ちゃんの「感動日記」をご覧ください)
そこには人それぞれの幸せや、色々な事が書いてあり、私の作品が本当に喜ばれているというのを実感できます。
私は毎日、笑顔でステキな人に囲まれて過ごしています。
幸せだなあ。

 

●「笑顔屋本舗」はこんな風にはじまりました…

クリックすると作品集へ私はお茶屋といっしょに「まる」という和雑貨の店もやっています。
そこでお客様に手描きにて「感謝のハガキ」やPOPやチラシなどを墨を使って手描きで書いておりました。

3年位前の夏、暑中お見舞いを出そうと滝や螢の絵などを書きお店の中にそれを置いていたら、あるお客様がすごく気に入ってくださって、それならとお売りしました。

自分の絵が売れるなんて、なんかすごく楽しいし買われたお客様がすごく喜んでくださるのも嬉しいもの。
それ以来、私は作品を作り続けておりました。

そんなある日、友だちに「何か1つテーマを決めて、書いてみたら」と勧められ、悩んだ末にたまたま目についた店内の招き猫の人形と「なにか自分の心の叫び、本音をかきたいなぁ」と思いから「笑顔」という文字を書きました。
それから「笑顔」に関する言葉を考え、楽しくなるような詩をかきました。

そんな私の作品をとても気に入ってくださったお客様がいらして、そのお客様のためだけに、その方のお名前を文頭にいれて笑顔がこぼれるような詩を作りました。
それが「オンリーワン笑顔シリーズ」のはじまりです。



●「オンリーワン笑顔シリーズ」に託す徳ちゃんのあつい思い

一筆一筆、心を込めて。「オンリーワン笑顔シリーズ」のポエムは、「できるだけ自分が体験した生の声、心の叫びを書きたい」と思っています。
そしてもっともっと「笑顔の輪をひろげたい」と思っています。
私の作品によって輪が広がり、またそれが私に「笑顔」となって戻ってくるからです。




●徳ちゃんプロフィール

昭和31年12月26日生まれ
学習院大学卒業 
江戸時代より営む老舗「(有)菊屋茶舗」の代表取締役。
陶器の店「まる」も2000年3月オープンした。
店に作品作りにと忙しい毎日。